20代の男が肉のハナマサでガチ神二郎作って優勝してみた。

Rate this post

こんにちは、私は20代の男性です。最近、肉のハナマサで「ガチ神二郎」というチャレンジを受けました。この記事では、私がチャレンジに挑戦した経験を紹介し、同じようにチャレンジに挑戦したい方々にアドバイスを提供します。

Hanamasaと「ガチ神二郎」チャレンジ

20代の男が肉のハナマサでガチ神二郎作って優勝してみた。【ASMR】 - YouTube

まず、Hanamasaとは何かを説明します。Hanamasaは、日本全国に店舗を展開している食肉専門店です。Hanamasaでは、さまざまなお肉が手頃な価格で購入できます。

そして、「ガチ神二郎」チャレンジについて紹介します。このチャレンジは、Hanamasaの店舗で提供されている「ガチ神二郎」というメニューを完食することが目的です。このチャレンジには、決められたルールと要件があります。

チャレンジの準備

これを見ればきっとラーメンが食べたくなる! 飯テロ注意の動画チャンネルとは – GLUGLU[グルグル] by grape

私がこのチャレンジに挑戦する前に、どのような準備をしたか紹介します。まず、トレーニングをしました。食べ物の大食いに挑戦するには、胃を鍛える必要があります。また、戦略も立てました。例えば、私は食べ物を小分けにすることで、より効率的に食べるこ

当日の朝、朝食を控え、空腹状態で臨みました。そして、チャレンジが始まったら、自分のペースで食べることを心掛けました。

チャレンジが始まると、私は独自の食べ方を見つけました。例えば、スープを最後に残しておくことで、最後まで味わいながら食べることができます。また、お肉は口に入れる前に、少し噛んでから飲み込むようにしました。

チャレンジの達成

深夜に二郎系ラーメンを乱れ食いしてみた!! - YouTube

私はこのチャレンジに挑戦し、優勝することができました!チャレンジが終わった後は、大変な疲れを感じましたが、同時に達成感も感じました。自分の限界を超えたという感覚は、とても素晴らしいものでした。

まとめ

材料費6000円以上】和牛でラーメン二郎を作ったら→衝撃的な結果に!【和牛二郎】 - YouTube

今回は、「肉のハナマサでガチ神二郎作って優勝してみた」というテーマで、私がチャレンジに挑戦した経験を紹介しました。大食いに挑戦する前には、しっかりとした準備が必要です。そして、自分に合った食べ方を見つけることが重要です。

最後に、同じようなチャレンジに挑戦したい方々に、アドバイスを提供します。自分の限界を超えることは、とても素晴らしい体験です。ぜひ、自分に挑戦することをお勧めします!

よくある質問

「ガチ神二郎」チャレンジは、どのくらいの時間で完食する必要がありますか?

「ガチ神二郎」チャレンジでは、30分以内に完食する必要があります。

どのようにして、大食いに挑戦する準備をすればいいですか?

大食いに挑戦する前には、胃を鍛えるトレーニングが必要です。また、戦略も立てて、自分に合った食べ方を見つけることが大切です。

「ガチ神二郎」チャレンジは、どのようなお肉が使われていますか?

「ガチ神二郎」チャレンジでは、牛肉が使われています。

「ガチ神二郎」チャレンジは、どの店舗で受けることができますか?

「ガチ神二郎」チャレンジは、肉のハナマサの店舗で受けることができます。ただし、すべての店舗で実施されているわけではありませんので、事前に確認してください。

「ガチ神二郎」チャレンジに挑戦すると、何か特典があるのですか?

「ガチ神二郎」チャレンジに挑戦し、完食すると、特典が用意されています。ただし、内容は店舗によって異なるため、事前に確認してください。

このように、私は肉のハナマサで「ガチ神二郎」チャレンジに挑戦し、優勝することができました。大食いに挑戦する前には、しっかりとした準備が必要ですが、自分の限界を超えることは、とても素晴らしい体験です。ぜひ、チャレンジに挑戦してみてください。

20代の男が肉のハナマサでガチ神二郎作って優勝してみた。【ASMR】[詳細動画]

#KALDI #ラーメン二郎 #ASMR
初めまして。
20代の男たちと申します。
このチャンネルでは旅行動画などを上げていきます。
ぜひチャンネル登録、コメント、高評価お願いいたします。
実は20代の男といいつつ実年齢は21歳です。

今回は肉のハナマサで背ガラと背脂を
入手してガチガチの二郎を作ってみました。
カルディも強いことが判明しました。
前回とは遥かに違う完成度で感動した。
次はオーションから麺作ろ。

ps越谷二郎は神

#20代の男たちゃんねる #二郎 #ラーメン二郎 #家二郎 #Vlog #料理 #宅麺 #ニンニク #ヤサイ #カラメ #マシマシ #アブラ #スーパー#晩酌 #鍋二郎#三田本店 #三田 #旅#肉のハナマサ #KALDI #ASMR

動画の内容 20代の男が肉のハナマサでガチ神二郎作って優勝してみた。【ASMR】

肉のハナマサってやっぱぜー 裕次郎 作ります まず 材料の方から紹介します お肉はこちら 肉のハナマサで重 半分ぐらいあったんですけど 500円で 購入させていただきました 腕肉になってます てこちら 背脂 これは昨日のうちに冷凍から回答してたものでラーメン二郎 作りに必須 肉のハナマサで2kg 800円とかですかね こんな感じの背脂 って 800円 なんですけど 1人分を作るので 今日は もうこれだけで十分かなっていうで こちらが せがらんなります 豚のせい はいじゃあ 豚のせがらんだいます 昨日のうちに無事に探して 血抜きを してました このセ柄もですね肉のハナマサで購入しました こちらですね 確か 6 50円で購入してますね 肉のハナマサがマジで最強ですねジロー 作りに向かっては 裕次郎をやりたい方はすぐ メイクのハナマサに行ってください 次面ですね 試作で使っちゃったんですけど フィット チルの生パスタですね 管理で買いました 400g で 200円だったら安いししかも結構似てるというか ワシワシ し て て こ れお カルディ にって今すぐ買ってくださいで今もやし これも ハナマサ さんですね って 花まささんのニンニク んで 玉ねぎ これスープに入れます してこの死んだ しなのネギの 頭 これも 鍋に入れるんですけども チラシナでもいいかということで はい タイレをしていきます 10分程度 下茹で をしていきます 10分 下茹で をしている間に おにんにくを 切っていきたいと思います はいこちらのおにんにく なんですけど スープにも ニンニクを入れますので 大体このぐらいですかね 普通にトッピング用のにんにく こちらは全部 鍋に 掘り込みたいと思います 起きます 顔と 彫り込むのが早いらしいので後で放り込みます ニクって本当に黒 めんどくさい ケツを切って鉄切り 鉄切り ケツの帰結 抜きで こいつ 料理してんのに 爪だけとか思われるかも すいません はいこちら みじん切りにしていきたいと思います この二郎 って作ったらわかるんです ですけど じろ 安すぎる っていうこんだけ手間もかかるのに案内 うまい しかも 安 ちょっと驚きですよね これ 本当に なんであんな安く提供できるんだって感じですね ただでさえ 今 物価 高い じゃないですか で やっぱり 値上げ とかしてるところも多いと思うんですけど ミローのネタ 本店 早速 変わらず 600円 な ちょっとおかしいです で 目黒の二郎に至っては 500円で食べれますからね 500円です この時代背景と会ってない 価格 してますよね いつ値上げするんだろうな 今 値上げしないで食べてる側としたら値上げしてくれない方が嬉しいんですけど 心配になるんですよね 安すぎ ってぐらい安いです 私 直系のラーメン二郎 行くのは結構 趣味というか 生きがいにしてるんです 例えばどっか出先 新宿に行く予定があった 新宿かだったら次郎 送って帰らなきゃ 二郎があるところに行く際には二郎を食べないと仕方がなくなっちゃう病気な せっかく ここまで来たんだったら次郎食うっていう その目的を付け加えて しょうもない よ字で まあ 次郎 食ったしっていう 消化できるんですよね これ次郎にしかない ですよね その目的の穴埋め というか 保管 ってなったらまず 0が近くにあるかを調べますね 二郎 ありきで僕は生活して ということで こちらは 特急 部屋なので 置いときます はい こんな感じに 下茹で してると悪がゴミのように浮いてきます 開くが悪なんですよ まだいたい10分ぐらい 揺れましたらこれを 捨てて行きます 捨てて行きますか 洗っていきます さっきのアクがついてるので 柄ですね からのこういった血の部分 であったりをお返してください 今回は 血抜き もしたので 連日にだいぶ 取れてると思うので 割と 軽めでもうこんな感じに 大体 洗いましたら 鍋にもう 臭みがついておりますので なぜ洗っていきます て雨が洗いましたら 先ほどのガラス さんたちを入れます OK からスープの音 飲み込んでいきたいと思います その前にネギ 先ほどの にんにく 玉 これ 多い かな 最初は悪を取りたいの このまま聞いていきたいと思います このようにある程度 日本でアクが出てこなくなりましたら ちょっとお水を足しまして 圧力を かけていきたいと思います 1時間ぐらいですね 圧力鍋で見ていきたいと思います 福田 圧力かけていきたいと思います それで1時間ほど寝ていきたいと思います ルックを ているうちに ですね 開始の方 作っていきたいと思います 昔なんですけども 便利はできそうです ここは男です 結構 適当に作っちゃいます この回収はチャーシューをつける 開始ともうそのままラーメンの ためになる部分 兼用でまずなんか よさげな醤油 お前本当 分量 適当なので ぐらいですかね すぐできるのね 足せばいい話なのね こちらより でこちら みりん風調味料 クランベリー シート 甘くなっちゃうので これは 適量です これだけは気をつけて作った方がいいと思います 味の素 はいひいかけていきますね 晴れくじ そんなもんですかね こんな感じで これで返し終わりです はいということで 1時間ほど 圧力鍋で 圧力をかけて 煮込みなので もういい加減 溶け出して マスキングしません もう いい感じの色になってますね 油ももうふわふわですね すごい いい感じだ 今回 1杯分だけなので1杯分ぐらいまで俺に詰めていきたいと思います で豚はもう 救出しちゃいましょうかね はい こんな感じでこれをまあ ビニール袋に入れて開始で漬け込んでいきたいと思います はい こんな感じ これに先ほどまで作っておきました 開始を入れてきます こんな感じですね 星で自分なので少し入れてそれで空気を抜いて 漬け込んでいきます こんな感じで 付け込めましたら これは置いときます もやしの処理で しておきましょうかね もやしを茹でるにあたりまして 僕自身が大切だと思うことですね 整理した方が格段においしくなります 結構もやしてもやし 独特の臭みであったりがあると けど 終了することによって結構 その臭みであったりがいなくなるんで それでは結構重要な お寺と自分は思いますね 嘘つきに どんぶりに最強のスパイスで先ほどの 開始 を入れときます これであと スーパー 入れればっていう状況になります この油の方ですね 油を切っちゃいます こんな感じに 油切りまし お腹のいらないもの おネギとかだったり避けてしまいますはい 今だいたい 取り除けてこんな感じでいい感じに柄が もう バコバコになってるので はい こんな感じです それで 油だけ救出したいので 油だけ 入っとってきます はい こんな感じで最高の ができました 濃くしていきたいと思います で とても怪しいでしたんですけど アクがすごい出ての分かりますかね このアクが 勉強なのでこれ一度捨ててもう一度 茹でて行きたいと思います あとはまあ 食べる直前ぐらいに温めて トッピング として 歌の方 切っていきたいと思います この豚の切る瞬間ってのがいいですよね 見てくださいこの 染まった いい感じのお歌 さんはい ホロホロ 崩れちゃう すごい 俺はもうなんか豚というより ほぐしぶたみたいになってますけど すごいいい感じの 無駄にしやがっておりますで開けておいたものがあると思うんですけど こちらに 油を入れて味付けしていきたいと思います これを食べる直前にかけていただくという感じですね すごい輝き スープのがだいぶ 煮詰まってきましたので 麺の準備をしていきたいと思うんですけど えーちょっと 録音ができ 来てなくて ですね ストレート麺 なので揉むと飲むことによってこの縮れを しました で ですね もやしを先に茹でております 先に茹でまして この 茹で時間 3分なので目を茹でていくとなぜキャベツを入れないのか これ 皆さん 思ったと思います キャベツ 入れてしまうと やめてください 部分が悪いのか あれなんですけど それがどうも 苦手で 重しだけの方がうまいんじゃねっていう んですけどまあまあ いいでしょう 目を入れていき ます 来ます3分なので さっとやっていきます それではここに 挨拶のスープを入れます うわ もう見るからに濃厚ですね メモですね ここにあげていきたいと思います 見てください こんな感じで色っぽく あいみはよしトッピングしてきます 野菜 いや いいね にんにく はい 朝より油 完成いたしました 制作時間 約3時間 肉のハナマサ ありがとう まずはやはりスープから 行ってきます うわ 茶の子ですね めっちゃくちゃ美味しいです それでは 油 いただきます うん 油 美味しい 油が最高にうま 次は 豚 うん 口の中に幸せが 麺の方に行ってきた うん やはりウーロン茶 だろうということで サントリー めちゃくちゃうま もう6回作ってるんですよ でこれ 3回目 なんですけどやっぱ回数を重ねるごとに明らかな味の上達がありますね 今回一番美味しいかもですね やっぱ 圧力鍋 結構良かったのかもしれないです アイ うん 是非 カルディと ハナマサに行って 是非やっていただきたいですね ごちそうさまでした 次回は 年から作っていきたいかなと 以外もお楽しみ していただくととも チャンネル登録を よろしくお願いいたします 平

読む  豚ひき肉 ハンバーグ: ジューシーな日本料理の魅力とレシピ