本当に美味しいステーキの焼き方:プロが教えるユニークなコツ

5/5 - (3 votes)

ステーキは肉料理の王道であり、その美味しさは焼き方によって大きく左右されます。本記事では、本当に美味しいステーキを焼くためのポイントやコツについて詳しく解説します。

1. ステーキの選び方

ステーキの美味しい焼き方 料理家・樋口直哉が解説 - ソレドコ

ステーキを美味しく焼くためには、肉の選び方が非常に重要です。以下では、ステーキの選び方について詳しく解説します。

読む  手羽元 大根: 風味豊かな日本料理の魅力を探る

1. 厚みと部位の重要性

肉の厚みが重要:ステーキを焼く際には、肉の厚みが焼き方に大きな影響を与えます。厚い肉は焼きすぎを防ぎ、ジューシーな仕上がりを実現します。したがって、最低でも2cm以上の厚みがある肉を選ぶことが理想です。

柔らかい部位を選ぶ:肉の部位によって柔らかさが異なります。ステーキに適した部位としては、背中辺りにあるロースやランプ、イチボなどが挙げられます。これらの部位は柔らかく、噛み応えのあるステーキを楽しむことができます。

2. 色や脂肪のバランス

肉の色:特に和牛や国産牛の場合、肉の色は重要なポイントです。沈んだ赤色や小豆色の肉は、飼育期間が長く味わい深い肉質を持っています。そのため、小豆色の肉を選ぶことで、より美味しいステーキを楽しむことができます。

脂肪と筋のバランス:ステーキの美味しさには、脂肪と筋のバランスも重要です。脂肪の量は好みによって異なりますが、外側の脂肪は厚くない方が焼きやすく、食べやすい仕上がりになります。また、筋(筋膜)はしっかり加熱して食べやすくしましょう。

2. ステーキの焼き加減

ステーキの美味しい焼き方

ステーキの焼き加減には、肉の内部の温度や色合いによって異なる特徴があります。以下では、ステーキの主な焼き加減について詳しく解説します。

1. レア

決定版】スーパーで買ったステーキ肉を自宅で完全なうまさで焼く方法【レシピ】 - メシ通 | ホットペッパーグルメ

特徴:肉の内部が赤い状態で、中心部がやや柔らかい状態です。焼いた表面は薄く焼かれており、ジューシーな食感が特徴です。肉の内部温度は約50°C〜55°C程度であり、肉汁が豊富に含まれています。

食べごろのポイント:レアのステーキは、表面に焼き色がついているが中心部が赤い状態です。柔らかい食感とジューシーさを楽しむことができます。

2. ミディアムレア

【ミディアムレア】牛ステーキ

特徴:肉の内部が赤みを帯びたピンク色で、中心部が柔らかい状態です。焼いた表面はしっかりと焼かれており、ジューシーな食感があります。内部温度は約55°C〜60°C程度であり、肉汁が豊富に含まれています。

読む  サバ缶 レシピ: 簡単で美味しいアイディア満載

食べごろのポイント:ミディアムレアのステーキは、赤みが残りながらも内部がしっかりと火が通っています。柔らかさとジューシーさのバランスが良い状態です。

3. ミディアム

絶対美味しく焼ける!ミディアムレアステーキ

特徴:肉の内部がほんのりとピンク色で、中心部がやや硬めの状態です。焼いた表面はしっかりと焼かれており、肉の旨みが凝縮された食感があります。内部温度は約60°C〜65°C程度であり、肉汁はやや少なめです。

食べごろのポイント:ミディアムのステーキは、内部が少し硬めでありながらもジューシーさがあります。肉の旨みをしっかりと感じることができます。

4. ウェルダン

zsuzsa is in the kitchen: VENISON STEAK

特徴:肉の内部が完全に焼けており、中心部が硬めの状態です。焼いた表面はしっかりと焼かれており、肉の香ばしさが強調された食感があります。内部温度は約65°C〜70°C程度であり、肉汁はほとんど含まれていません。

食べごろのポイント:ウェルダンのステーキは、肉の内部が完全に焼けているため硬めの食感があります。肉の旨みと香ばしさを楽しむことができますが、ジューシーさは少ないです。

各焼き加減にはそれぞれの特徴があり、好みや肉の種類によって選ぶことが重要です。焼き加減を適切に調整することで、最高のステーキ体験を楽しむことができます。

3. 焼き方のポイント

ステーキの焼き方のポイント!スーパーの肉をお店レベルでおいしく

ステーキを美味しく焼くためには、適切な焼き方が重要です。以下では、ステーキを焼く際のポイントについて詳しく解説します。

1. 肉を常温に戻す必要はない

肉は常温に戻す必要はない:一般的な誤解として、冷蔵庫から出した肉を常温に戻す必要があるとされることがありますが、実際にはそうではありません。厚い肉を焼く場合でも、常温に戻す必要はありません。冷たい肉を焼くことで焼きすぎを防ぎ、ジューシーな仕上がりを保つことができます。

2. 脂肪の端を切る

脂肪の端を切る:焼く前に肉の脂肪の端を切ることで、焼きムラを防ぎます。また、脂肪の端を切ることで肉の旨みが広がり、より美味しいステーキを楽しむことができます。筋繊維が収縮しやすくなるため、肉の食感も向上します。

3. 適切な焼き加減の確認

肉を適切に焼く:ステーキの焼き加減を確認するためには、肉の内部温度を測定することが重要です。肉の厚みや種類によって焼き加減は異なりますが、一般的には肉の内部温度を測定することで焼き加減を確認します。焼き加減によって異なる肉の食感や味わいを楽しむためにも、焼き加減を正確に把握することが大切です。

4. 適切な調理器具の選択

適切な調理器具を使用する:ステーキを焼く際には、適切な調理器具を使用することが重要です。一般的には、鉄製のフライパンやグリルパンが最適です。これらの調理器具は高温に耐えることができ、肉に焼きムラを生じさせずに均一に焼くことができます。また、焼きムラを防ぐために、肉を焼く前に調理器具をしっかりと予熱することも重要です。

読む  和風ハンバーグ: ジャパニーズカルチャーと美味しさを融合させた独自のハンバーガー

5. 休ませる

休ませる:焼き上がったステーキは、そのまま切らずに一定の時間休ませることが重要です。これにより、肉の内部の温度が均一になり、肉汁が行き渡ります。また、肉の旨みがしっかりと凝縮され、より美味しい食感を楽しむことができます。

これらのポイントを押さえることで、より美味しいステーキを焼くことができます。しっかりとした焼き方をマスターし、自宅で本格的なステーキを楽しんでください。

4. ステーキにおすすめの付け合わせ2品

1. ステーキの付け合わせほうれん草のレシピ

ハンバーグやステーキの付け合わせレシピ】人参・ほうれん草・ブロッコリー | あしあーと

ほうれん草は、ステーキとの相性が抜群であり、栄養価も豊富です。ここでは、ほうれん草を使った美味しい付け合わせのレシピをご紹介します。

材料:

  • ほうれん草:200g
  • にんにく:2片(みじん切り)
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩:少々
  • こしょう:少々
  • レモン汁:お好みで

調理手順:

  1. ほうれん草を準備します。新鮮なほうれん草を使い、茎の部分を切り落とします。必要に応じて、洗って水気をきります。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたにんにくを加えて香りを引き出します。中火程度でにんにくが香り立つまで炒めます。
  3. にんにくの香りが立ったら、ほうれん草を加えます。ほうれん草がしんなりするまで中火で炒めます。
  4. ほうれん草がしんなりしてきたら、塩とこしょうで味を調えます。お好みでレモン汁を絞っても良いでしょう。
  5. 火を止め、ほうれん草を器に盛り付けます。
  6. ステーキと一緒にお召し上がりください。

ポイント:

  • ほうれん草はしんなりするまで炒めることで、食感がより良くなります。しかし、長時間炒め過ぎると、ほうれん草がくたくたになるので注意が必要です。
  • レモン汁を加えることで、さっぱりとした風味がプラスされ、ステーキとの相性がより良くなります。

このほうれん草のレシピを使って、ステーキと一緒にお楽しみください。ほうれん草の栄養価も豊富なので、健康にも良い食事となります。

2. ガーリックポテトのレシピ

French friesの写真

ガーリックポテトは、香り高いにんにくとほんのり塩味が絶妙なポテトの一品です。ステーキの付け合わせにもぴったりです。以下に、簡単なガーリックポテトのレシピをご紹介します。

ステーキとローストポテトの組み合わせは、贅沢な食事を楽しむための定番です。ローストポテトの香ばしさとステーキのジューシーさが絶妙にマッチし、食欲をそそります。ポテトの食感がステーキとのコントラストを生み出し、食事をより一層楽しませてくれます。

材料:

  • ジャガイモ:4個(中サイズ)
  • オリーブオイル:大さじ2
  • にんにく:3片(みじん切り)
  • 塩:小さじ1/2
  • 黒こしょう:少々
  • パセリ(お好みで)

調理手順:

  1. ジャガイモをよく洗い、皮をむかずにキューブ状に切ります。大きさはお好みで調整してください。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたにんにくを加えて香りを引き出します。中火程度でにんにくが香り立つまで炒めます。
  3. にんにくの香りが立ったら、切ったジャガイモをフライパンに加えます。全体にオイルがまわるように混ぜます。
  4. ジャガイモに火が通るまで中火で炒めます。ジャガイモがやわらかくなり、表面がカリッとするまで焼きます。
  5. 火を止め、塩と黒こしょうで味を調えます。お好みでパセリを加えても良いでしょう。
  6. ガーリックポテトを器に盛り付けし、お好みのソースやハーブでデコレーションして完成です。

ポイント:

  • ジャガイモは一口サイズにカットすることで、調理時間を短縮できます。
  • フライパンでジャガイモをしっかりと炒めることで、表面がカリッとし、内部はふんわりとした食感になります。
  • にんにくの量や塩の量は、お好みに合わせて調整してください。にんにくの風味が強くなりすぎないように注意しましょう。

このガーリックポテトは、ステーキの付け合せとしてだけでなく、パーティーや家族の食事の一品としても喜ばれること間違いありません。

5. 和風オニオンソースのレシピ・作り方

和風玉ねぎソース

材料(2人分)

  • 玉ねぎ…1/2個
  • おろしにんにく、おろししょうが…各小さじ1/2
  • 酒、みりん、しょうゆ…各大さじ2

作り方

  1. 玉ねぎを粗みじん切りにする。
  2. ステーキを焼いた後のフライパンに玉ねぎを入れ、中火でさっと炒める。
  3. 玉ねぎがなじんだら、にんにく、しょうがを加えてさっと混ぜる。
  4. 酒、みりんを各大さじ2加え、軽く混ぜながらアルコール分をとばす。
  5. 最後にしょうゆ小さじ1を加えて混ぜる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。 ※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。 ※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

ステーキ用のオニオンソースの保存方法は、以下の通りです。

  1. ソースを完全に冷まします。熱い状態で保存すると、雑菌が繁殖しやすくなりますので、しっかり冷ましてください。
  2. ソースを密閉容器に移し、冷蔵庫に保管します。密閉容器を使用することで、他の食材の臭いが移らないようにします。
  3. 冷蔵庫の温度が適切であることを確認します。ステーキ用のオニオンソースは、冷蔵庫の温度設定が適切な状態であれば、約3〜5日間保存可能です。
  4. 凍らせる場合は、冷凍保存用の密閉容器に移し、冷凍庫で保存します。凍らせると、さらに長期間保存できますが、風味や質が落ちることがありますので、お早めにお召し上がりください。

6. 結論

ステーキを美味しく焼くためには、肉の選び方や焼き加減、焼き方のポイントを押さえることが重要です。上手に焼けば、ジューシーで柔らかいステーキが楽しめます。ぜひこの記事を参考に、自宅で本当に美味しいステーキを焼いてみてください。