京都の紅葉 人気7選

Rate this post

京都は日本で最も美しい紅葉の名所の一つであり、秋の季節には多くの観光客で賑わいます。しかし、京都には数多くの紅葉スポットがあるため、どこに行くか迷ってしまうこともあります。ここでは、京都で人気のある紅葉スポットの中から、特におすすめの7つを紹介します。

1. 清水寺

【究極の絶景】京都の紅葉 人気7選 - YouTube

清水寺は京都を代表する寺院の一つであり、多くの観光客が訪れます。特に、紅葉の季節には、境内一面が美しい紅葉に覆われ、幻想的な景色が広がります。

2. 嵐山

京都在住カメラマンおすすめ「写真映えする紅葉名所」7選。嵐山や永観堂も【京都】 |じゃらんニュース

嵐山は、京都を代表する観光地の一つであり、紅葉の名所としても有名です。特に、嵐山の竹林や渡月橋の周辺は、秋の紅葉が美しく、多くの観光客が訪れます。

3. 金閣寺

京都の絶景紅葉スポット 7選 ~写真撮影の手引き付き~|そうだ 京都、行こう。

金閣寺は、京都の北部に位置する寺院であり、世界的に有名な観光スポットの一つです。紅葉の季節には、金閣寺の周辺が美しい紅葉に覆われ、幻想的な景色が広がります。

4. 東福寺

京都の絶景紅葉スポット 7選 ~写真撮影の手引き付き~|そうだ 京都、行こう。

東福寺は、京都を代表する寺院の一つであり、紅葉の季節には、境内が美しい紅葉に覆われます。特に、東福寺の鐘楼や塔頭の周辺は、秋の紅葉が美しく、多くの観光客が訪れます。

5. 祇園

京都の絶景紅葉スポット 7選 ~写真撮影の手引き付き~|そうだ 京都、行こう。

祇園は、京都を代表する芸舞妓の街であり、多くの観光客が訪れます。紅葉の季節には、祇園の周辺が美しい紅葉に覆われ、幻想的な景色が広がります。

6. 平安神宮

京都駅近くの紅葉名所7選と周辺情報。紅葉の見頃、混雑情報、立ち寄りスポットは? | 京都の紅葉ガイド

平安神宮は、京都を代表する神社の一つであり、多くの観光客が訪れます。紅葉の季節には、境内が美しい紅葉に覆われ、幻想的な景色が広がります。

7. 南禅寺

究極の絶景】京都の紅葉 人気7選 - YouTube

南禅寺は、東山の紅葉スポットの一つであり、美しい庭園や茶室などがあります。秋の紅葉の季節には、境内にある池や林が美しい紅葉色に染まり、静かで落ち着いた雰囲気が漂います。

紅葉の見頃の時期

京都の紅葉名所ランキング27選「2022年」はいつがベストな見頃?綺麗に 色づく紅葉の名所スポットから 穴場までを紅葉の見頃の時期と合わせてご紹介します!  | caedeKyoto[カエデ京都] 紅葉と伝統美を引き継ぐバッグ

紅葉の見頃は、京都市内ではだいたい11月中旬から12月初旬にかけてです。ただし、気候によって見頃の時期は前後する場合がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

紅葉狩りのおすすめの服装

京都で絶対に1度は行きたい!人気の紅葉名所20選!|新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ

紅葉狩りをする際には、歩きやすく、暖かく、動きやすい服装を心掛けることが重要です。また、紅葉スポットは多くの人で混雑することが予想されるため、スニーカーや歩きやすい靴などを履いて移動することをおすすめします。

紅葉狩りのおすすめの時間帯

京都の紅葉32選!見ごろ別に紹介。ライトアップや穴場情報も | トラベルマガジン

紅葉狩りをする際には、午前中や夕方がおすすめです。特に、夕方はライトアップされて幻想的な景色が楽しめるスポットも多くあります。

紅葉狩りの注意点

清水寺周辺と周辺の紅葉おすすめ社寺7選 紅葉めぐりモデルコースもご紹介♪ - まっぷるトラベルガイド

紅葉狩りをする際には、自然環境を大切にすることが大切です。ゴミは持ち帰り、枝や葉っぱを壊さないように注意しましょう。また、人気のスポットは混雑することが予想されますので、事前に混雑状況を調べることをおすすめします。

紅葉狩りにおすすめのカメラ

2022年・京都紅葉めぐりで知っておきたいこと10選|そうだ 京都、行こう。

紅葉の季節には、美しい景色が広がります。カメラで紅葉の美しさを撮影する際には、広角レンズや望遠レンズがおすすめです。また、三脚を使用することで、手ブレを防止して美しい写真が撮影できます。

【究極の絶景】京都の紅葉 人気7選 [VIDEO]

#京都 #紅葉 #京都の紅葉
日本の有名観光名所・秋の京都の厳選した、おすすめの紅葉をご紹介させて頂きます。
京都旅行・京都観光でも大人気の京都。
秋の京都は紅葉が綺麗に色づき、また一段と素敵な景色を見ることができます。

動画の内容 【究極の絶景】京都の紅葉 人気7選

皆さんこんにちは 今回は 秋の京都の 素敵な紅葉を 実際に私が撮影した動画をもとに ご紹介させていただきたいと思います 実際に訪れたことで 私自身が肌で感じた感想を含めてご紹介させていただきますので より 具体的に 秋の京都の魅力をお伝えできるかと思います 最後まで動画を見ていただいた あなたは 秋の絶景 京都に行きたくなることを間違いなしです 今回 選ばせていただいた 紅葉の名所は 7ヶ所 私が訪れた中で個人的に素敵だなと思った場所 ランキング形式で 順位の低い順からご紹介させていただきたいと思います 動画の初めから なかなか感動する景色を見ることができると思いますが ということは ランキング1 最後にご紹介するのはその時 見ている以上の景色を見ることができますので 期待して最後までお楽しみいただければと思い います それでは早速ご紹介に移りたいと思います 第7位 まずは 東大寺のご紹介です 高台寺は 祇園 清水寺があることでも有名な京都市東山区にあるお寺です 有名な ねねの道 と呼ばれる道を通った先に見えるのが 高台寺 有料配管エリアに入る前から たくさんの効用を見ることができます 有料配管エリアに入ってきました 高台寺は豊 秀吉の性質であった ネネが 秀吉の冥福を祈って県立されたと言われています これはカレー 山水と呼ばれる日本庭園の様式の一つ 水を用いずに 岩や砂などで 山水を表現しているようです この池の周りにもとても鮮やかな紅葉が ありました こちらは 高台寺を代表する場所です 僕はちょっとした山になっており 素敵な紅葉 竹林が広がっていました 第6位 続いてご紹介させていただき ますのは 醍醐寺 京都市伏見区にあるお寺で世界 さんとしても 認定されていることで有名です 国宝 50の塔をはじめとして 数々の 国宝 重要文化財を見ることができ 行きます 入ってすぐのところにもたくさんの紅葉がありますが 正直 この辺りで満足していてはいけません こちらは 三宝院 と呼ばれる場所 無料で見ることができます そこからどんどん奥に進んでいきますが 私がおすすめしたいのはここからの景色です こちらからは 有料配管エリアになりますが 本当に素敵な景色が広がっていました こちらが国宝 五重塔 奥に住むにつれて あたり一面は 緑 黄色 赤のグラデーションで包まれていました そして私が醍醐寺の中で一番感動した景色がこちら 弁天堂と呼ばれる 朱色の建物の周りには池が掘られており 水面に反射する紅葉がとても美しく感じます 歩いて 池の周りを一周できますので こちらの景色は 皆さんにもぜひ見ていただきたいです 第5位 続いてご紹介させていただき いただきますのは京都を代表するお寺 清水寺 京都市東山区 先ほどご紹介した高台寺からも 歩いてすぐのところにあります まず目に入ってくるのが 清水寺の正門 仁王門 少しだけ 紅葉があり とても素敵でした 続いて こちらが 三重塔 建物の朱色と紅葉の境目がわからないくらい 綺麗に色づいています 続いて こちらが 30ノットの裏から見れる景色 あたり一面が赤く染まっており なかなか見られない光景です そしてここからは 有料配管エリア 清水の舞台 付近からは何も遮るものがない 状態で 布巾を一望することができます こちらは 清水の舞台から少し進んだところ 清水寺を代表する 一番有名な景色ではないでしょうか 右側に見える 本堂の 日本古来の伝統工法による木造建築 目の前に見える 紅葉 奥に広がる京都の町 青い空が見事にマッチしています その後は最初にいた 正門まで ぐるりと を 戻っていくわけですが 途中でも 紅葉を楽しみながら戻ることができます 最後に 北条地付近の様子をご紹介させていただいたところで 清水寺のご紹介 となりました 第4 続いてご紹介させていただきますのは 東福寺 京都駅からも 比較的近い京都市東山区にある 寺となります こちらの魅力は 到着後をすぐに感じることができるはずです ガウン卿 という 橋があるのですが 端からの眺めはまさしく 紅葉 これから奥に見える建物に移動し より高い場所から この紅葉の海を見渡したいと思います ここからは 有料配管エリアになります 門をくぐると あたり一面 見渡す限りの紅葉が広がっていました 皆さんは 空が見えないほどの 紅葉に囲まれたことはありますか そこに落ち葉の色も加わり まさに 360度 紅葉に囲まれたような気分にさせられます この光景は是非 実際にご覧いただきたい です この景色が4位とは これからどのような紅葉が見られるのでしょうか 美しい 紅葉のご紹介 はまだまだ続きます そして東福寺の魅力の一つでしょうか 先ほど 紅葉の海 表現した部分がちょっとした谷になっており 谷の部分を歩きながら 進んでいきます 東福寺は 上から見下ろす 紅葉 下から見上げる効用の両方を楽しむことができます 素敵な景色を楽しみながら しばらく進むと 冒頭の端から見えた場所にたどり着きました ここはまた一段高い場所になっており 一言で言うならば 紅葉の雲海 上から見下ろすことで紅葉に厚みがあるような感覚で なかなかお目にかかれないような絶景だと思います 第3位 続いてご紹介させていただきますのは 常寂光 嵐山があることで有名な京都市右京区にあるお寺になります こちらの魅力は入り口から入ってすぐのところ 有料配管エリアに入ると そこは これまでの人生で 味わったことのない 素敵な空間でした 一言で表すならば 紅葉のアーチ アーチの上の部分だけではなく 太陽の光で光り輝く 紅葉が地面を黄色く染めて あたり一面が まるで燃えてるかのように染まっています また もうくぐると 目の前には階段が 階段を登る際に 下から見上げる紅葉もまた美しく 旅の疲れを忘れさせて くれそうです 階段を登った先にもまだまだ紅葉は続きます 本堂の裏には 池があり 紅葉と その奥に広がる 竹林との調和がとても美しく感じられます そのまま 山に色づく 紅葉を楽しませていただいたところで 常寂光時のご紹介はおしまいとなります 第2 続いてご紹介させていただきますのは 永観堂禅林寺 平安神宮 南禅寺があることでも有名な 京都市左京区にあるお寺です 無料で楽しめる場所はごくわずか 早速 有料配管エリアに入っていきたいと思います 入り口の門をくぐると そこには少し開けた空間と 綺麗に色づいた 紅葉がありました ただ こちらの魅力は ここからが本番です 大玄関から建物の中に入っていきます ここから見える紅葉は まるで自分が昔の貴族になったようなイメージで見ることができました 特別なくらいのものだけが見ることができる 特別な場所 のような感覚を味わいながら紅葉を楽しむことができました 現代のように テレビ インターネットなどの娯楽もない時代に この景色が どれだけの人を楽しませてきたか そういったことを想像するだけで まるで自分がタイムワープしたかのような気分にさせられます 外に出てきました あたりを埋め尽くしてしまうほどの効用があり その姿には圧倒されてしまいます またこちらにはもう一つの お楽しみがあります 御影堂 と呼ばれる建物の裏にある 階段を上り 他方島に向かっていくと このように 京都の町を一望できる場所にたどり着きます 時が経つのを忘れてしまいそうですね 最後のお楽しみがこちら 北条地という 池の周りに とても美しい 紅葉が広がっていました 目をつぶったまま カメラを向けたとしても 綺麗に映るのではないでしょうか どこを見渡しても 息を飲むほどの 美しい景色が広がっていました 1位 最後にご紹介させていただきますのは 宝厳 先ほどご紹介させていただきました 常寂光時と同じく 嵐山があることで有名な 京都市 右京区にあるお寺になります まずはじめに言っておきますが 敷地も狭いですし これまでご紹介させていただいた場所のように たくさんの効用があるわけでもありません ただ私が感じたのは美しく見えるよう 計算し尽くされて作られた 延々なんだなということ それでは早速 見ていきたいと思います まずは 入ってすぐのところ とても鮮やかに色づいています そして皆さんに感じていただきたいのは紅葉だけではなく 地面に敷かれた石や コケ と紅葉の調和 他の紅葉の名所ではなかなか味わえないものがありました また借景といい庭園外の風景を 利用した庭園 作りが行われています こちらの場合は まさしく 嵐山の山を見事に利用し 遠くにある山までも まるでこの庭園の一部であるかのように表現されています 進んでいく道も 絶景 そのもの まるで 異世界に迷い込んだような気持ちにさせられます こちらの景色もお見事 地面に青々と生えている苔が 素敵なアクセントになっています 映画のワンシーンといっても過言ではありません 手には小川が流れており 上に落ちている 紅葉もまた 素敵です そこに差し込む光 水のせせらぎの音 五感で秋の京都を楽しむことが ができます 足を止めずに歩いたとしたら 1周 5分ほどの狭い空間 しかし この空間の全てが幻想的で 足を止めずにはいられないと思います これで京都の紅葉 7000のご紹介はおしまいとなります これはあくまでも 私が訪れた中での感想 ランキングになりますので ので いろんなご意見があるかとは思いますが そこはご了承ください 今回の動画が面白いと思っていただけた方は チャンネル登録をお忘れなく 次の動画も楽しみにお待ちいただければと思います また動画のグッドボタンやコメントなどをいただけると とても励みになり います あと 最近 SNS の Instagram を始めてみましたので ご興味ある方は 概要欄からそちらも見ていただければと思います それでは またお会いしましょう ご視聴 ありがとうございました

読む  絶対に外せない京都の観光スポット