バッテラの魅力とは?鯖寿司との違いや家庭での作り方を解説

4.5/5 - (2 votes)

バッテラは、大阪をはじめとする関西地方で親しまれている伝統的な押し寿司の一つです。本記事では、バッテラの歴史や鯖寿司との違い、さらに家庭での作り方を詳しく解説します。バッテラの魅力に迫りながら、その独特の風味と作り方のコツを学びましょう。

バッテラとは何か

朝日新聞デジタル:今が旬!冬サバのバッテラを列車風寿司店で - 食と料理 - トピックス

バッテラの定義

バッテラは、酢飯の上に薄く削いだ酢締めの鯖の身と甘酢で煮た白板昆布を重ね、型に押し込んで作る押し寿司です。酢の酸味と鯖の旨味、昆布の風味が絶妙に調和した一品です。

読む  長芋レシピ: 新鮮な味わいとヘルシーな料理の楽しみ方

バッテラの歴史

バッテラの起源は大阪にあります。かつてはコノシロという魚を使っていましたが、現在では鯖が主流です。バッテラは、手軽に食べられる寿司として人気があり、その名はポルトガル語で「小舟」を意味する「バッテーラ」に由来します。

バッテラの名前の由来

バッテラという名前は、コノシロが小舟のように見えることから名付けられました。寿司の形状が小さく、可愛らしい小舟のように見えるため、この名前が付けられました。

鯖寿司との違い

見た目の違い

バッテラと鯖寿司は見た目に違いがあります。バッテラは型に押し込んで作るため四角い形状をしていますが、鯖寿司は巻きすで巻いて作るため丸みを帯びています。

読む  生姜焼きタレ: おいしさと健康につながるジンジャーソース

使用する昆布の違い

バッテラは白板昆布を使用しますが、鯖寿司では羅臼昆布など厚い昆布を使うこともあります。白板昆布はバッテラを乾燥から守り、風味を追加する役割を果たします。

鯖の量の違い

バッテラでは薄く削いだ鯖を使用しますが、鯖寿司では鯖の半身を丸ごと使います。これにより、鯖寿司はバッテラよりも厚みがあり、食べごたえがあります。

バッテラの魅力

大人気「二三一バッテラ」を屯田でゲット♪【北海道のおすすめニシン親子押し寿司】 | ムラサキコのどさんこぐるめ

手軽さと親しみやすさ

バッテラは手頃な価格で提供されることが多く、日常の食事やおもてなし料理として親しまれています。切り分けて楽しめるため、パーティーや家族の集まりにも最適です。

風味の調和

酢飯の酸味、鯖の旨味、昆布の風味が絶妙に調和し、豊かな味わいが楽しめます。特に昆布は、鯖の柔らかさと旨味を引き出し、乾燥を防ぐ役割も果たします。

作り方の多様性

伝統的な作り方だけでなく、家庭でも簡単に作れるレシピが多数存在します。これにより、さまざまなシーンでバッテラを楽しむことができます。

バッテラの作り方

楽天市場】【バッテラ】 バッテラ寿司 関西バッテラ バッテラ寿司 バッテラ押し寿司 バッテラ箱寿司 箱寿司 押し寿司 鯖寿司 鯖押し寿司 鯖棒寿司  人気の寿司 美味しいお寿司 鯖寿司ではありませんバッテラです!当店人気商品 関西 明石市よりお届け!明石 米長流 ...

必要な材料

  • 鯖(しめ鯖)
  • 酢飯
  • 白板昆布(またはとろろ昆布)
  • 甘酢
  • 寿司型(またはパウンドケーキ型)

伝統的なバッテラの作り方

  1. 酢飯を準備:酢飯を作り、冷ましておきます。
  2. 鯖の準備:しめ鯖を薄く削ぎます。
  3. 昆布の準備:白板昆布を甘酢で煮て柔らかくします。
  4. 寿司型に詰める:寿司型にラップを敷き、鯖、酢飯、昆布の順に重ねていきます。
  5. 押す:型でしっかりと押し固めます。
  6. 切り分ける:押し固めたバッテラを取り出し、適当な大きさに切り分けます。
読む  札幌のグルメ特集:絶品料理10選

バッテラ 作り方

家庭でも簡単に作れるバッテラ風のレシピをご紹介します。とろろ昆布を使った手軽な方法です。

材料

  • しめ鯖
  • 酢飯
  • とろろ昆布
  • 甘酢
  • パウンドケーキ型

作り方

  1. 酢飯を準備:酢飯を作り、冷ましておきます。
  2. 鯖の準備:しめ鯖を薄く削ぎます。
  3. 型に詰める:パウンドケーキ型にラップを敷き、鯖、酢飯、とろろ昆布の順に重ねていきます。
  4. 押す:型でしっかりと押し固めます。
  5. 切り分ける:押し固めたバッテラ風寿司を取り出し、適当な大きさに切り分けます。

バッテラを楽しむためのポイント

新鮮な材料を使用する

新鮮な鯖と良質な昆布を使うことで、バッテラの風味が一層引き立ちます。特にしめ鯖は、新鮮なものを選びましょう。

適度な酢の加減

酢飯や甘酢の加減を調整し、鯖と昆布の風味を引き立てるようにしましょう。酢が強すぎると、他の風味が損なわれることがあります。

型をしっかりと押す

型でしっかりと押し固めることで、バッテラの形が崩れず、美しい仕上がりになります。適度な力加減で押すことがポイントです。

よくある質問

バッテラの名前の由来は何ですか?

バッテラの名前は、ポルトガル語で「小舟」を意味する「バッテーラ」に由来します。コノシロのお寿司が小舟の形に似ていたことからこの名前が付きました。

バッテラとサバ寿司の違いは何ですか?

サバ寿司はサバを使った寿司ですが、バッテラは元々コノシロを使った寿司で、現在ではサバが使われています。形もバッテラは押し寿司の形をしています。

バッテラにサバが使われるようになったのはなぜですか?

コノシロの漁獲量が減少し価格が上昇したため、代わりに一年を通して安定して獲れるサバが使われるようになりました。

バッテラはいつ頃から作られるようになりましたか?

バッテラは明治24年(1891年)に大阪で誕生しました。サバ寿司は江戸時代に既に存在していましたが、バッテラはそれから100年以上後に作られました。

バッテラはどのようにして作られますか?

バッテラは魚を酢で〆て押し寿司型を使って作られます。これにより小舟の形をした寿司が出来上がります。

バッテラと他の押し寿司の違いは何ですか?

バッテラはその独特の小舟の形と、元々使用されていた魚(コノシロ)によって他の押し寿司と区別されます。名前の由来も異なります。

コノシロとはどのような魚ですか?

コノシロはコハダが成長した魚で、かつてはバッテラに使われていました。現在では主にサバが使われています。

バッテラの味はどのようなものですか?

バッテラは酢で〆た魚の風味と、ご飯の調和が特徴です。サバが使われることが多い現在では、サバの濃厚な味わいが楽しめます。

バッテラはどこで食べられますか?

バッテラは日本全国の寿司屋やスーパーで手に入れることができますが、特に大阪で有名です。

まとめ

バッテラは、大阪を中心に親しまれている伝統的な押し寿司であり、その独特の風味と手軽さが魅力です。鯖寿司との違いを理解し、家庭でも簡単に作れるレシピを試してみましょう。新鮮な材料と適切な作り方で、バッテラの魅力を存分に楽しんでください。鯖と昆布の旨味が詰まったバッテラをぜひ味わってみましょう。